代表取締役社長  林 隆 生


   
持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
エコアクション21ガイドラインに基づき、取り組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。(エコアクション21ホームページより抜粋)
弊社では平成22年12月に認証・登録取得いたしました

 
  
 
   
株式会社丸共は、廃棄物処理・運搬及びリサイクル事業を通じて、地球環境の改善・保全と持続可能な社会の実現を目指し、環境保全の担い手として自然の声・お客様に応えていきます。また、地球環境保全の重要性を認識し、日々の事業活動を通じて快適な住みよい社会を次世代へと引き継ぐことに貢献します。

 
 
 
 
当社は、環境理念の基に、環境と経済を両立させた持続可能社会の推進を目指します。そのため環境経営システムを構築し、下記により環境影響への取組を効果的・効率的に行い。環境負荷の低減に努めます。 
 
 
   
 

 
 

 
 





 
 
     
 
     
   

1・環境に配慮した事業活動の推進

廃棄物処理を適切かつ安全に行うとともに次に上げる項目は、環境目標を設定し、その達成のために取り組みます
@二酸化炭素排出量の削減に努める。
A水資源の節水に努める。
B廃棄物排出量の削減に努める
C地域社会貢献活動の推進を行う。

2・法規則等の遵守

環境方針を含み環境経営システムは文書化し、当社が果たすべき役割などについて、研修・啓蒙活動を通じて社員全員に自覚させ、自発的に行動出来る様育成します。

4・環境活動レポートの作成と公表

3・社員の育成







株 式 会 社  丸   共

2010年4月1日 制定



事業に関係する諸法令、規則等を遵守し、安全確実に業務を遂行します

環境活動レポートを作成し、環境への取り組み状況を社員に周知するとともに、お客様をはじめ一般の人から要請があれば開示します。