弊社は許可業者ですが、行政からの依頼を受けての委託業務も行っております。社会貢献を第一に掲げているため、いつでも行政からの要請に応える体制を日頃より整えております。
 
 
 

 
2004年7月13日、中越地方は近年稀に見る集中豪雨に見舞われました。河川の氾濫に続き、長岡市内は床上浸水が始まり、多くの住民が大きな被害を受けました。河川の泥水により寝具・家財道具はほとんど使えない状態となってしまい、家庭から大量の粗大ごみが排出されました。
弊社は、中之島町の出動要請を受け、翌日から半年にわたり水害ごみの収集運搬業務に入りました。県から新潟県産業廃棄物協会への協力要請があり、その長岡支部長である弊社が取りまとめ役を担当し、水害ごみ集積場の管理も行ってきました。中之島の膨大な水害ごみの総量は8,000トンを超えております。

 
   
   
   
    
2004年10月23日に発生した中越大地震は各地の未曾有の被害を与えました。この時も長岡市の要請を受け、震災ごみの収集運搬業務に早速応援をいたしました。震災による住宅解体ごみの集積場の運営について、長岡市の協力依頼を受けて行いました。
2005年5月7日までに搬入された解体廃棄物の総量は、25mプール120杯分に相当する46,833m3でした。
 
 
 
   
2004年10月1日からの廃棄物処理有料化に伴い、長岡市の依頼を受けて、同年5月より9月末まで粗大ごみの収集運搬業務の支援をいたしました。当時のごみステーションに毎日トラック1台分の粗大ごみが排出され、収集作業が終了するのが午前2時頃になる事もありました。